シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第11回 ト書きの技術1

第11回 ト書きの技術1

 

シナリオのト書き(映像描写)の基本

 

シナリオに書くト書きは、細かすぎると思考停止する。
必要な事を出来るだけシンプルに、ドラマに必要なことのみ、先々展開に使うモノ等のみ書くこと。

 

基本的に衣装は書きません。

 

書き過ぎるト書きの事を 「過剰ト書き」
書き足らないト書きを 「過小ト書き」 といい、セリフで説明しているからいいという事にはならない。

 

ト書きは “棒” のように書く。つまり感情も脚色もいらない。ありのままを書くだけ。

 

シーンをト書きで〆るやり方もアリ=柱、ト書き、セリフの順番じゃなければダメということではない。
リアクションでシーンを終えてみたり、次のシーンを意識した描写だったり、工夫が出来る。

 

 

シナリオの映像イメージ

 

生活音など、音から入るとイメージが浮かびやすくなる。

音が心情を表現する、音が知らない事象を表現する、音で事象を比喩する。

 

季節
季節感を入れると雰囲気が描写し易くなる。

 

小道具
具体物によるイメージのし易さを利用する。

モノが事象を説明してくれる、モノが印象を代弁してくれる。

 

 

※音声を消して、伝わるものを感じよう。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「ハンカチ」 原稿用紙10枚
物(ハンカチ)との因縁をつけることでドラマを作る、主人公の心の揺れ動きを描写せよ。

 

答え:因縁をどう伝えるか、物の使い方と心情を描写する練習。

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

トップへ戻る