第20回、第21回 職業モノ、回想、ナレーション

第20回 シナリオに書く職業もののポイントとジャンル

 

〜管理者より〜
あまりにつまらない授業内容により途中退席しました。どのようなことを話していたかというと、素材はTVドラマベースで刑事モノはこんな感じとか、医者モノはこんな感じとか、およそ我々一般人が了解している範囲での確認みたいな事を繰り返していました。意味が無いので今回は割愛させていただきます。

 

 

第21回 シナリオの回想、ナレーションの技術

 

回想、ナレーションでも映像表現が重要であり、前提でもある。

 

ナレーション
ナレーション(N)と ”人物の声”は別物である。区別して使うべき。

1、登場人物のナレーション→セリフと同じ書き方で ”〜〜のN「〜〜〜」” とする。
2、ナレーターのナレーション→同上 ”N「〜〜〜」” とする。

 

※ナレーションの使い方は複雑な時代背景や社会情勢を説明する、心理や感情を説明するなど、映像に成り難いものに限る。

 

 

シナリオの回想

 

※回想シーンが単なる説明ならばセリフにするべき、説明セリフには出来ないからそこを考える。工夫をするべき。具体的な映像になった時にどうなるか想像してみる。

 

回想の種類
1、直線回想法、随時回想法とは 現在→過去→現在 過去の説明にならないように注意が必要。

2、サンドイッチ回想法とは 現在⇔過去→現在 整合性、つじつまに注意が必要。
3、扇状回想法とは 現在を中心に複数の過去へ行き来する、回想が複数発生する。

 

イメージの映像
回想ではなくイメージだけの映像の書き方

場所がある場合→ ”○(イメージ)場所(時間帯)” としてト書きに描写。
場所が無い場合→ ”○イメージ” としてト書きに描写する。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「秘密」 原稿用紙20枚
主人公にまつわる秘密。回想シーンで秘密を明かす。
現在のストーリーを描き、回想後の主人公の変化を描く。

 

答え:メインストーリーがあって、回想がある。その結果どう変化するのか。

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

トップへ戻る