脚本を書いてみよう|シナリオ教室の劣等生

さっそく実技練習、とりあえずシナリオ脚本を書いてみよう

無料コラム配信中! シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜


シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術やアニメコンテンツから紐解く物語構築のヒントなどを情報発信しています。

ご登録は無料です。今なら登録特典として電子書籍がタダで付いてきます。


 

配信登録して頂いた方へ


電子書籍

シナリオ執筆完全作業マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓







特典電子書籍について(商品説明)

 シナリオ執筆完全作業マニュアル〜シナリオを書き始める前に必ずやること〜 のもくじを紹介します。

第一章 シナリオ構築の全体像
  • 参考に過ぎません
  • 必要な作業とは
  • 小から大へ向かう
  • この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
  1. テーマの設定
  2. ログラインの決定
  3. お話しの骨格を設定する
  4. キャラクターを作ってみよう
  5. プロット出しでアイディアを量産する
  6. 箱書きで構成を検討する
  7. 下書きシナリオ執筆
  8. 推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
  • 現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
  • 応募要項は鉄板ルール
  • スケジュールに気をつけよう
  • 添付するあらすじについて


※PC画面で23ページ、16075文字



管理者著書



『シナリオ技術とビジネスセミナーの融合〜売れるバックエンドのストーリー』


Amazon kindleはこちら


クリックしてください!↑
電子書籍の販売書店各社
Romancer Store
Apple iBook Store
紀伊国屋書店
楽天kobo
凸版印刷Book Live!
SONY Reader Store
au ブックパス
大日本印刷MJBJ honto
Book Walker

←各社リンク先で買う




脚本を書いてみよう記事一覧

管理者的なシナリオ構築術を紹介しています。あくまで管理者の主観で述べている記事なので参考程度にしかならないものですが、経験からどうすればシナリオが書けるのかを考えます。まずは準備段階のその1です。
管理者的シナリオ構築術のその2です。本文を考える前にもう少し煮詰めておきます。それは本文を書き進めるにあたって必要なガイドラインになる文言を決めていく事になるのです。それが物語の秩序を守ってくれます。シナリオと真っ向から向き合うためにはそれなりの準備がないと負けてしまうのです。
管理者的シナリオ構築術のプロローグ編です。とりあえずで構わないので詳細を仮決めしておきます。とりあえずで仮決めしたことは物語の進行に応じておいおい決定していけばいいことなのです。今はとりあえずでお話しを始めます。大まかな構成をこれも仮決めしておいて、ファーストシーンの1エピソードを先に作ります。キーワードは”劇的”です。
管理者的シナリオ構築術のイメージ出し、構想編です。ファーストシーンから導き出されるイメージを存分に出力します。頭の中に浮かんだシーンを、頭の中だけに留めないでドンドン出して文字化していきます。見える形にしておいて、改めて吟味するのです。
管理者的シナリオ構築術の構成編です。何かと問題になる構成法ですが意外にも作者の中からヒントを貰って組み立てられるのです。更に構成法は迷うほどの選択肢はありません。それを知っていてイメージが固まっていれば当てはめるだけ。それが上手くいかないのは他に原因があるのです。
管理者的シナリオ構築術の実践編です。本文は書きながら決定事項をこなしていきます。とりあえずで決めたものを本決めしながら進みます。本文そのものに、これというやり方は存在しません。その時の気分次第で上手くいくときもあれば時間を要する時もあるのです。本文の制約についても考えてみます。
管理者的シナリオ構築術の実践編その2です。本文を書く事に関しては作者の主観が1番なのでごちゃごちゃと細かい解説は避けています。そのかわり本文を書く時のテクニックだったり工夫を列記します。状況に合わせて使ってみてはいかがでしょう。