オリジナルであること|シナリオ教室の劣等生

シナリオ執筆の必須条件、オリジナルでなければ意味がない


無料コラム配信中! シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜


シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術やアニメコンテンツから紐解く物語構築のヒントなどを情報発信しています。

ご登録は無料です。今なら登録特典として電子書籍がタダで付いてきます。


 

配信登録して頂いた方へ


電子書籍

シナリオ執筆完全作業マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓







特典電子書籍について(商品説明)

 シナリオ執筆完全作業マニュアル〜シナリオを書き始める前に必ずやること〜 のもくじを紹介します。

第一章 シナリオ構築の全体像
  • 参考に過ぎません
  • 必要な作業とは
  • 小から大へ向かう
  • この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
  1. テーマの設定
  2. ログラインの決定
  3. お話しの骨格を設定する
  4. キャラクターを作ってみよう
  5. プロット出しでアイディアを量産する
  6. 箱書きで構成を検討する
  7. 下書きシナリオ執筆
  8. 推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
  • 現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
  • 応募要項は鉄板ルール
  • スケジュールに気をつけよう
  • 添付するあらすじについて


※PC画面で23ページ、16075文字



管理者著書



『シナリオ技術とビジネスセミナーの融合〜売れるバックエンドのストーリー』


Amazon kindleはこちら


クリックしてください!↑
電子書籍の販売書店各社
Romancer Store
Apple iBook Store
紀伊国屋書店
楽天kobo
凸版印刷Book Live!
SONY Reader Store
au ブックパス
大日本印刷MJBJ honto
Book Walker

←各社リンク先で買う






記事についてのご質問、お問い合わせはこちら↓



オリジナルであること記事一覧

自分のオリジナルが書ければ作家になれます。書けなければなれません。厳密に言えばもっと複雑な表現とかテクニックがないと作家としてはやっていけないのでしょうが、何はともあれ自分独自の表現や感じた事の描写が出来なければ=オリジナリティがなければ発信者にはなれません。そこで自分のオリジナルな部分を見つけます。その視点について考えます。
現代の世の中では仕組みといわれるもの全てにこの組み合わせの原理が使われています。つまり何かと何かをくっつけるということなのですが、いつも当たり前のように暮らしていると見えてきません。まずは自分が面白いと思った映像のシーンを見返して、このシーンの要素は何と何で出来ているか検証してみましょう。それが作家の目線にもなるのです。
同じ映像作品を模するとしても当然ながらコピーでいい訳がありません。そして自分が面白いと思えた事でも、それもそのまま引用してもやはり共感は得られにくいでしょう。オリジナルを創出するにあたってどんな視点で向き合えば結果となるか考えます。
自伝、経験談はなんとなく使えるような気がします。自分の事なので分かっていて当たり前なので簡単に描写できると感じてしまうのですが、それは間違いになり易いのです。それは客観性が問われる脚本、シナリオにおいて、返って面倒くさいことになるのです。ですから魅力あるキャラクターを想像する場合は他人から抽出したほうが断然効率的なのです。その源はあなたの”感じた”ことに他なりません。