脚本家 広田光毅氏 講義

 

平歳25年(2013)11月14日 管理者の通ったシナリオスクールにて開催されたゲストセミナーでのお話しです。広田氏はアニメシナリオライターとして招かれました。

 

 

脚本家 広田光毅(ひろたみつたか)氏の講義

 

※大事なのはライターでいつづける事。

 

リアルドラマとアニメシナリオの違い
舞台では生の人間のセリフが重要である。アニメは非日常とのバランスが重要。舞台とアニメでは共通点がある。

 

アニメと舞台の違いとは
共通点→繊細な表現が難しい。細かな表現が出来ない。ト書きやセリフ、ナレーションにより補足する必要がある。
アニメ、舞台ににおける”縛り”を考慮した描写が必要。

 

アニメの特権→大ぶりな表現でも『よく伝わる』

 

シナリオについて
キャラクターの中に「本物」があるかないかで決まる結果。
 「本物」があれば大ぶりな表現(歌や踊り)をしても問題ない。
 「本物」とは、具体的なイメージである。
構想は2歩3歩先を読む。実際は半歩先で踏みとどまる。

 

※無限大の中での制約を作るべき。

 

大きなウソをついて、後は本物、真実。大きな真実をもって後は全部ウソ。

 

※「アニメシナリオライターになりたいのなら、アニメファンを辞めろ。外の世界をみて改めて考えてみるべきである」

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

トップへ戻る