脚本家 高橋幹子氏 講義

 

平成25年(2013)11月21日 管理者の通ったシナリオスクールにて開催されたゲストセミナーでのお話しです。高橋氏はアニメシナリオライターとして招かれましたが某有名シナリオコンクール大賞受賞者でもあられます。

 

 

脚本家 高橋幹子(たかはしもとこ)氏の講義

 

アニメと実写の違いについて
ネタが違う。アニメ向き、実写向きがある。絵で見せた方がよいネタと俳優が演じた方がいいネタ。

 

アニメはセリフが重要。「・・・・」は避けるべき。「あっ」でも「うっ」でもいいから声を発するべき。声優を活かす。喜怒哀楽を大げさにする。

 

尺の違い、テンポの違い、予算的には実写の方が具体化する手間がかかる為制約が多い、制作期間とスタッフとの付き合いの長さも違う。

 

 

アニメと実写の共通点、シナリオについて
人物の心情を丁寧に描く。心の奥底までたった1つの心情を書いていく。
テーマを持たせる。一言で言えるテーマを決めるべき「これを伝えたい!」
自分の好きな話を書くべき。
シナリオはなんでもかんでも書けばいいというものではない。得意分野で勝ちに行け。勝ち試合をしろ。負ける試合はしない方がいい。一度傷つくと使ってもらえない現実。

 

※「心情を丁寧に描けていればシナリオライターとして生きていける」

 

※仕事は毎回、試合だ、勝負だ。

 

シナリオは事件より事情を入れるべき。事情とは『心情』である。

 

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

トップへ戻る