シナリオ教室の劣等生|脚本構築考察

脚本構築考察

脚本構築考察

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

脚本構築考察記事一覧

我々は、デフォルトで、脚本は書けない。ではどうすれば ”書ける“ ようになれるのか。シナリオスクールで教わることはシナリオの入り口にしか過ぎない。書式は簡単である。問題はその先にあるのだが、そこまで親切に教えてはくれない。それが現実なのだ。書き続けなければ書けなくなる一応、管理者も含めてこのサイトをご覧になっている方は基本的に脚本が書けない人だとお見受けします。どうすれば脚本、シナリオが書けるよう...

※シナリオの書式の関してはカテゴリー「シナリオスクールのリアル基礎講座」をご覧ください。シナリオでの創作に慣れていない人は原稿用紙での手書きを勧める。管理者も基礎課程は全て手書きでこなした。それは人の生理に沿った創作術に基づいている。キーボードでは、便利だが想像や感性に触れられない、または触れにくいのだ。手書きのススメ初めてシナリオを書く人は、200字詰め原稿用紙に手書きで書きましょう。そのココロ...

シナリオ、脚本は映像を作る為に書き、その映像は観客を楽しませるために存在する。裏方1発目の脚本家は直に観客と接しはしないが、シナリオ、脚本の文字文章という形を提示することでお客さんと邂逅する。書いた物語がいいのか悪いかのかの最終結論はお客さんが判断する。その立場を理解せずにシナリオ、脚本は書いてはいけない。お客様視点なんかファミレスのウェイトレスに教えている事みたいですが、この理屈はシナリオライタ...

管理者がシナリオスクールに通った目的のひとつがこれ、お話しの作り方である。でも、正直分からなかった。抽象的過ぎて理解が及ばなかった。結局、分からなかったからシナリオスクールを離れた。周りを見ても分かっていそうな人はいなかった。それでもTVには毎日違うお話しが湯水のごとく流れている。これには法則性が無いのか、説明できないのか、そんなことはないのである。邪魔なモノの排除から ”ドラマとは変化である” ...

映画を見るべし。なかなか映画館にわざわざ行って、お金を払って映画を見る事は慣れていないと面倒くさいものではあるのだが映像に携わる者として身につけたい習慣でもある。その理由の一つが、唯一といっていいほど簡単に出来うる”感じる”場であることなのだ。映像を見て何かを感じる事は、家のテレビでも出来そうなものだが、実は違う。家のテレビと映画館の整った設備の環境下では伝わってくるものがケタ違いなのだ。他に人が...

※シナリオ原稿の書き方はカテゴリー「シナリオスクールのリアル基礎講座」を参照下さい。実際に書いてみる、ただし作品として自分から出力するシナリオにはタイミングが存在する。今書きたい、書いておかなければ忘れてしまうこの感覚、という場合に書くべきで、「書かなきゃいけない」ではない。義務で書いてはならないのだ。書けるところまで書いてみる、枚数制限なんて気にしない、思いっきり思うままに書くことが重要である。...

推敲(すいこう)とは、いわゆる ”見直し” である。書いたシナリオは書きっぱなしでは完成しない。見直しをして熟成させないといいものは上がってこないのだ。その見返しにもコツがある。寝かして熟成させる正攻法一般的な推敲法のひとつは ”書いたら寝かす” です。その名の通り、書き終わったら一旦筆をおいて何もしない時間を置きます。どのくらい時間をかけるのかは 人によって違いますけれど、2〜3日は欲しいですね...

なんとも挑戦的なタイトルなのだが、シナリオの真理を追究するとこうなる。講師だけでない、プロの脚本家だって参考の域を出ないのだ。それが理解できていたか、管理者は出来ていなかったのだ。シナリオに「教わる」は、ない管理者も、今でも信じがたい事実なのです。恐らくシナリオに興味を抱いている大多数の人は同意しないのではないでしょうか。そして反発して然るべき意見だと思います。その、落とし穴とも言うべき事実を検証...

トップへ戻る