第4回 映像の特性|シナリオ教室の劣等生

第4回 映像の特性

シナリオの立ち位置

 

シナリオ、脚本→撮影→映像表現
である。

 

文章表現との違い

 

文章表現とは ”読むため” のものである。

 

その違いは
1、時間(経過)
2、心理描写
3、人物関係
4、形容詞(一部)
5、目的、状況

 

 

映像の特性

 

映像とは ”目で見る、耳で聞く” ものである。

 

  

時間と空間を飛躍させることができる
 どこを描いて、どこを描かないか。
  
モンタージュ
 2つの映像を組み合わせて違った意味をもたせる技術
例えば、貴族の贅沢な生活と貧しい家族を組み合わせることで=不公平、表と裏 を表現できる。
  
視覚を武器にする事が出来る
 行動で心情を表現する事。
  
”枠”(フレーム)がある
 小道具1つでも細かい表現ができる。
例えばフレームから外す演出、回想シーンに頼らない演出、カメラワークに頼らない。
  
ドキュメント性
 本物を写せる。リアリティ。
  
特撮
 イマジネーションを求められる時代。
  
白黒

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「迷っている人」 原稿用紙3枚
 ”迷っている” 心理描写をト書きで書いてみる。

 

ヒント:結果は書きません。迷っているシーンを書きなさい。仕掛けを考えよう。

 

答え:迷っている=葛藤という意味です。葛藤を描く事はストーリーではなくドラマを書いてみて下さいという事。感情移入できるところの学習。

 

 

 NEXT Entry 『描写からの表現』

 

無料コラム配信中! シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜


シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術やアニメコンテンツから紐解く物語構築のヒントなどを情報発信しています。

ご登録は無料です。今なら登録特典として電子書籍がタダで付いてきます。


 

配信登録して頂いた方へ


電子書籍

シナリオ執筆完全作業マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓







特典電子書籍について(商品説明)

 シナリオ執筆完全作業マニュアル〜シナリオを書き始める前に必ずやること〜 のもくじを紹介します。

第一章 シナリオ構築の全体像
  • 参考に過ぎません
  • 必要な作業とは
  • 小から大へ向かう
  • この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
  1. テーマの設定
  2. ログラインの決定
  3. お話しの骨格を設定する
  4. キャラクターを作ってみよう
  5. プロット出しでアイディアを量産する
  6. 箱書きで構成を検討する
  7. 下書きシナリオ執筆
  8. 推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
  • 現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
  • 応募要項は鉄板ルール
  • スケジュールに気をつけよう
  • 添付するあらすじについて


※PC画面で23ページ、16075文字



管理者著書



『シナリオ技術とビジネスセミナーの融合〜売れるバックエンドのストーリー』


Amazon kindleはこちら


クリックしてください!↑
電子書籍の販売書店各社
Romancer Store
Apple iBook Store
紀伊国屋書店
楽天kobo
凸版印刷Book Live!
SONY Reader Store
au ブックパス
大日本印刷MJBJ honto
Book Walker

←各社リンク先で買う