シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第16回 構成2「承」

第16回 構成2「承」

 

シナリオの全体の80%が 「承」 であり、ドラマとは『葛藤』である。

 

 

シナリオで主人公を困らせる

 

主人公を困らせることで観客を物語に引き込む→ストーリー展開を止めてでも「困らせる」ことで感情移入を促す。

 

困らせネタ
事件(身の回り)、事情(境遇)、事実(リアリティを盛り込む、現実に起きている事柄、社会情勢)

 

予定調和な困らせ方はNG
「どうなるんだろう、どうするの」という困らせ方をさせるべき。→解決策は考えない。思い切った困らせ方でいい。

 

結果的に困らせる
困らせるのは味方でも出来る。

 

※三角関係でバットマン(悪役)を作ると普通になる。バットマンを作るならかなり強力なキャラクターで無いと映えない。

 

※ストーリーを進めようとすると葛藤がなくなる。ストーリーが進まない事が葛藤となる。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「ラブシーン」 原稿用紙18枚
観客や視聴者がひきこまれるシーンを描写する。キスシーンでよい。場所の設定や気持ちの高まりや緊張感のある葛藤を描く。

 

答え:場面の相克=シーンとシーンを対立させて葛藤を描く。

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

トップへ戻る