シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第7回 時間経過のつけ方

第7回 時間経過のつけ方

 

映像は画面上の動きが止まると、時間が止まった印象を観客に与えてしまう。

 

なので、時間経過を描写する必要がある。

 

『しばらくして』とか、『少し経って』などの表現はシナリオでは使えない。
文章では観客に伝わらないのである。

 

観客に時間を感じさせるものとはなにか。

 

 

シナリオの時間経過

 

タイトル法
 字幕スーパーや全画面にはっきりと時間の経過を文字として挿入する方法。

「1年後」、「○月×日」、「去年の春」など。
実話っぽい演出ができる、ドキュメント性がある。

 

ナレーション法
キャストの声、又はナレーターが声で音声に載せる方法。

「あれから5年が過ぎました」、「昨日の俺」、「それからどした」など。

 

セリフ法、しりとり法
セリフとしてキャストに言わせる方法。

前のシーンからの経過をセリフで説明する。前のシーンとの繋がりをしりとりに見立てたセリフ。
長時間の経過は実時間とのズレを感じさせやすい特徴がある。

 

小道具法
時間経過の分かる小道具を使う方法。

時間が経過した事を想起させる道具(モノでも人でも)を使う。
時計、タバコの吸い殻の数、ビールの空き缶、すり減った靴、人の歳など。
日常にネタがたくさんあって、なおかつ効果的に描写ができる。

 

大道具法
時間経過は小道具だけじゃない。大きなものでも時間を感じさせることは出来る。

 

風景
柱と柱の間に風景を入れる方法。

朝日、夕日、暗い街、まばらに明りのついたマンションなど

 

走り
走る描写で時間を感じさせる。

電車や乗り物の映像を入れる。
※例外的ではあるが、柱に ”○走る新幹線” として時間を描写することが出来る。

 

風物
季節感のある自然モノ、イベントその他の描写。

桜の満開、銀杏の紅葉、入学式、卒業式など。

 

カットバック法
1つの柱の中では時間は飛ばせないので、別の柱を1つ挟む事により時間経過を描写する。

1シーンの中で進行している描写の中で、あえて違うシーンを挿入することで観客に時間のイメージを分かりやすくする。
思い出した時の描写で、思い出した内容をカットバックさせる、犯罪の種明かしで犯人の犯行シーンをカットバックで描写するなど。

 

シナリオ上では1つの柱○の中にカットバックの柱を立てる場合は ○を打ってからそのカットバックの場所を指定して”(カットバック)”と表するか、ト書きに”カットバック”と記する。
カットバックが終わって元のシーンに戻ったら ”○戻って” とするか、 ”○戻った柱を改めて書いて(戻って)” とする。

 

※シナリオにおける禁則事項
 カットバック時のようなシーンの写し方を指定する場合でも撮影記号は使わない。

F・I (フェードイン)、F・O (フェードアウト)、O・L (オーバーラップ)、WIPE (ワイプ)など。

 

※シナリオでよく見かける ” × × × ” は段落の区切りを意味するものだが シナリオスクールでは禁止されていた。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「1年後」 原稿用紙6枚
最初の柱からキッチリ1年後までの変化を風物で描写する。1年経ったらこうなりました、的な。

 

答え:変化を考える。その変化を描写する練習。

 

シナリオ学習メルマガバージョンアップ!

 

シナリオが学べる無料メルマガ

 

『シナリオスキル通信』が

 

強力にバージョンアップしました。

 

 

何が“強力”なのかというと・・・

 

今までの「シナリオスキル〜シナリオ脚本の書き方動画レクチャー〜」に加えて、

 

当サイトで販売している非公開の有料コンテンツ「シーニャプロトンテールアカデミア」を・・・

 

 

無料、¥0で公開しちゃいます

 

 

有料動画レクチャー集

 

「シーニャプロトンテールアカデミア」

 

販売価格¥198,000→¥0で追加配信!

 

 

 

初めてメルマガを読む方はコチラ

 

YouTubeなどですでに「書き方動画レクチャー」をご覧頂いた方はコチラ

 

配信コンテンツ
シナリオ、脚本の書き方動画レクチャー(全20レクチャー一般公開済み)
シーニャプロトンテールアカデミア(全36レクチャー非公開)
【登録特典電子書籍】『シナリオ執筆完全作業マニュアル』プレゼント
シナリオスキル『アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル』同時配信

 

 

 

 

初めてメルマガを読む方はコチラ

 

YouTubeなどですでに「書き方動画レクチャー」をご覧頂いた方はコチラ

 

ご登録者さまに電子書籍プレゼント!

 

ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


 

第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

初めてメルマガを読む方はコチラ

 

YouTubeなどですでに「書き方動画レクチャー」をご覧頂いた方はコチラ

 

 
トップへ戻る