シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第17回 構成3「転・結」

第17回 構成3「転・結」

 

シナリオの「転」(クライマックス)

 

感動させる=テーマを伝える

 

※但しテーマそのものはセリフで言わせない。言わせてしまうと臭くなる。テーマは観客に ”感じさせる”モノである=アンチテーゼとの変化を作ることで伝える。

 

クライマックスは ”無” である
クライマックスでも”結”でも更に葛藤させて、もう一つのクライマックスを作り最後の最後まで葛藤させる。

 

※伏線はバレるように書くのが基本→バレることでより面白くなるように書く。面白くならなければ書く意味が無い。

 

 

シナリオの「結」(ラストシーン)

 

ラストシーンは1シーン位がちょうどいい→テーマの定着、余韻。

 

ドラマ自体は「転」で終わっている。オチではない、どんでん返しでなくてもいい。連続モノの 「結」 は期待(次回)。

 

※部分部分が面白くて1時間モノ、2時間モノが面白くなる。

 

 

箱書き
物語を起承転結に分解して分けて全体が見えるようにする構成法。

「転」、「結」から「起」、「承」を書いてもよい。箱書きのメリットは繋がらなければ変更できる、エピソードの逆転が発想できる、差し替えの検討がしやすい。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「別れ」 原稿用紙20枚
盛り上がる、感動する別れを描く。主人公と他人との別れ、人物関係にドラマを作る。

 

答え:別れることに葛藤させる、シーンに雰囲気を出してみる。雰囲気を描写する。

無料の動画レクチャー配信中

 

初めての人でもシナリオが学べる無料メルマガ配信中

 

これを見ればシナリオスクールに行かずとも書ける!!

 

 

 

 

ご登録お待ちしております!

 

 

 

配信コンテンツ

シナリオ、脚本の書き方動画レクチャー(全20レクチャー)

シナリオスキル『アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル』同時配信

【ご登録特典】『シナリオ執筆スタータキット』プレゼント

 

ご登録頂いた方へ、感謝と応援を込めてプレゼント!

【シナリオ執筆スタータキット内容】

シナリオ専用原稿用紙×2、特製日記型ネタ帳、ステッドラー6B鉛筆、消しゴム、鉛筆削り

 

※特典のプレゼントは登録時のご希望者のみとさせて頂きます。

※お届けまで時間を要する場合があります。

※登録時にスタータキットお届け先のアドレスを入力いただきます。入力された個人情報はプライバシーポリシーにのっとり当該景品の発送時以外に使用しません。

 

お問い合わせ、ご質問

トップへ戻る