シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第11回 ト書きの技術1

第11回 ト書きの技術1

 

シナリオのト書き(映像描写)の基本

 

シナリオに書くト書きは、細かすぎると思考停止する。
必要な事を出来るだけシンプルに、ドラマに必要なことのみ、先々展開に使うモノ等のみ書くこと。

 

基本的に衣装は書きません。

 

書き過ぎるト書きの事を 「過剰ト書き」
書き足らないト書きを 「過小ト書き」 といい、セリフで説明しているからいいという事にはならない。

 

ト書きは “棒” のように書く。つまり感情も脚色もいらない。ありのままを書くだけ。

 

シーンをト書きで〆るやり方もアリ=柱、ト書き、セリフの順番じゃなければダメということではない。
リアクションでシーンを終えてみたり、次のシーンを意識した描写だったり、工夫が出来る。

 

 

シナリオの映像イメージ

 

生活音など、音から入るとイメージが浮かびやすくなる。

音が心情を表現する、音が知らない事象を表現する、音で事象を比喩する。

 

季節
季節感を入れると雰囲気が描写し易くなる。

 

小道具
具体物によるイメージのし易さを利用する。

モノが事象を説明してくれる、モノが印象を代弁してくれる。

 

 

※音声を消して、伝わるものを感じよう。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「ハンカチ」 原稿用紙10枚
物(ハンカチ)との因縁をつけることでドラマを作る、主人公の心の揺れ動きを描写せよ。

 

答え:因縁をどう伝えるか、物の使い方と心情を描写する練習。

無料の動画レクチャー配信中

 

初めての人でもシナリオが学べる無料メルマガ配信中

 

これを見ればシナリオスクールに行かずとも書ける!!

 

 

 

 

ご登録お待ちしております!

 

 

 

配信コンテンツ

シナリオ、脚本の書き方動画レクチャー(全20レクチャー)

シナリオスキル『アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル』同時配信

【ご登録特典】『シナリオ執筆スタータキット』プレゼント

 

ご登録頂いた方へ、感謝と応援を込めてプレゼント!

【シナリオ執筆スタータキット内容】

シナリオ専用原稿用紙×2、特製日記型ネタ帳、ステッドラー6B鉛筆、消しゴム、鉛筆削り

 

※特典のプレゼントは登録時のご希望者のみとさせて頂きます。

※お届けまで時間を要する場合があります。

※登録時にスタータキットお届け先のアドレスを入力いただきます。入力された個人情報はプライバシーポリシーにのっとり当該景品の発送時以外に使用しません。

 

お問い合わせ、ご質問

トップへ戻る