シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第14回 人物の描き方2

第14回 人物の描き方2

キャラクターの立ち位置について、
「八百屋の奥さんは八百屋に立たせろ」=キャラクターと関係の深い所に登場させるべきである、の意。

 

シナリオの人物の出入り

 

板付法
”板付” とは舞台の事。舞台の幕が上がって、すでに役者がいる状態。シーンがはしょれる。

 

空舞台法
舞台の幕が上がってから役者が登場する状況。

 

※主役となるキャラクターの登場は板付法。人物の入り方出方、並び方で観客の印象が変わる。

 

※主役の登場の仕方→「ノレン (期待を持たせて) を分けて、サッと (メリハリをつけて) 出る」 観客は了解しているのだけれども、あえて部分的なシーンしか見せない。引っ張ってバシっと出す。

 

 

シナリオの人物関係

 

人物関係について・・・
シナリオではよく分からない関係が多い。だが、人間関係がドラマを生み出す。微妙な関係はセリフで言わせるしかない。

敬語、職業語、方言、階級語(時代劇)

 

三角法
敬語を使い人物関係を表す。呼び名に頼らない描写。

 

シナリオの人物の魅力付け

 

魅力付けの順位は 主人公>副主人公>脇役
いい人のいい話は面白くない。

 

憧れ性
理想像、普通は出来ない事ができる。あんな事ができたらいいな、と思わせる部分、憧れる性格。

 

共通性
弱点、人的に弱い部分。自分と同じと思わせる部分、性格的にダメな所。ただし曖昧では共通性にならない。「優しい」より「優柔不断」

 

※性格から考える憧れ性と共通性。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「叔父さん」 原稿用紙14枚
おじさんは、”親の弟” の設定。三角法を使いそれとなく叔父さんと分からせる。主人公が叔父さんで無くても良い。
叔父さんに魅力を持たせる。

 

答え:人物同士のやりとりにて ”叔父さん” を描写する。普通の人とどこか違う叔父さんを描く。イメージキャストを決めて描写する。

無料の動画レクチャー配信中

 

初めての人でもシナリオが学べる無料メルマガ配信中

 

これを見ればシナリオスクールに行かずとも書ける!!

 

 

 

 

ご登録お待ちしております!

 

 

 

配信コンテンツ

シナリオ、脚本の書き方動画レクチャー(全20レクチャー)

シナリオスキル『アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル』同時配信

【ご登録特典】『シナリオ執筆スタータキット』プレゼント

 

ご登録頂いた方へ、感謝と応援を込めてプレゼント!

【シナリオ執筆スタータキット内容】

シナリオ専用原稿用紙×2、特製日記型ネタ帳、ステッドラー6B鉛筆、消しゴム、鉛筆削り

 

※特典のプレゼントは登録時のご希望者のみとさせて頂きます。

※お届けまで時間を要する場合があります。

※登録時にスタータキットお届け先のアドレスを入力いただきます。入力された個人情報はプライバシーポリシーにのっとり当該景品の発送時以外に使用しません。

 

お問い合わせ、ご質問

トップへ戻る