シナリオ教室の劣等生|シナリオスクールのリアル基礎講座

第16回 構成2「承」

第16回 構成2「承」

 

シナリオの全体の80%が 「承」 であり、ドラマとは『葛藤』である。

 

 

シナリオで主人公を困らせる

 

主人公を困らせることで観客を物語に引き込む→ストーリー展開を止めてでも「困らせる」ことで感情移入を促す。

 

困らせネタ
事件(身の回り)、事情(境遇)、事実(リアリティを盛り込む、現実に起きている事柄、社会情勢)

 

予定調和な困らせ方はNG
「どうなるんだろう、どうするの」という困らせ方をさせるべき。→解決策は考えない。思い切った困らせ方でいい。

 

結果的に困らせる
困らせるのは味方でも出来る。

 

※三角関係でバットマン(悪役)を作ると普通になる。バットマンを作るならかなり強力なキャラクターで無いと映えない。

 

※ストーリーを進めようとすると葛藤がなくなる。ストーリーが進まない事が葛藤となる。

 

 

【課題】
今回の宿題のテーマは 「ラブシーン」 原稿用紙18枚
観客や視聴者がひきこまれるシーンを描写する。キスシーンでよい。場所の設定や気持ちの高まりや緊張感のある葛藤を描く。

 

答え:場面の相克=シーンとシーンを対立させて葛藤を描く。

無料の動画レクチャー配信中

 

初めての人でもシナリオが学べる無料メルマガ配信中

 

これを見ればシナリオスクールに行かずとも書ける!!

 

 

 

 

ご登録お待ちしております!

 

 

 

配信コンテンツ

シナリオ、脚本の書き方動画レクチャー(全20レクチャー)

シナリオスキル『アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル』同時配信

【ご登録特典】『シナリオ執筆スタータキット』プレゼント

 

ご登録頂いた方へ、感謝と応援を込めてプレゼント!

【シナリオ執筆スタータキット内容】

シナリオ専用原稿用紙×2、特製日記型ネタ帳、ステッドラー6B鉛筆、消しゴム、鉛筆削り

 

※特典のプレゼントは登録時のご希望者のみとさせて頂きます。

※お届けまで時間を要する場合があります。

※登録時にスタータキットお届け先のアドレスを入力いただきます。入力された個人情報はプライバシーポリシーにのっとり当該景品の発送時以外に使用しません。

 

お問い合わせ、ご質問

トップへ戻る