サイトのオーナーになってハブになる|シナリオ教室の劣等生

サイトのオーナーになってハブになる

 

インターネットのサイトを構築してオーナーになればリアルで言う所の商店主になれる。

 

そんなECサイトはゴマンと存在するが、管理者の提案するサイトとは違うのだ。

 

それは商品を売る事よりも先に提供するべき事がある。

 

普通は代金を貰って商品を売るが、まったく逆の発想で先に情報を消費者に与える。

 

それは収益の自動化とサイトの資産化を目論むものとなる。

 

 

 

アフィリエイトで簡単に稼ぐ・・・?

 

なんていうと、ネットに詳しい人はすぐに勘ぐります。

 

 「怪しい・・・」

 

その通り、管理者が自分で考えても確かに怪しすぎます。
しかも、なんだか巷では ”稼げるアフィリエイト” とかカンタンに稼げる風なコピーで詐欺まで横行しているというじゃありませんか。

 

管理者に言わせれば引っかかる人も引っかかる人なのです。

 

皆さんはアフィリエイトってどんだけ苦労しているか、ご存知ですか?

 

知っている人は引っかかりません。

 

誰にでも出来るアフィリエイトは誰も稼いではいません。これ、本当です。アフィリエイトで稼いでいる人は、独特のルートを持って稼ぐべくして稼いでいます。

 

その方法は誰にでも出来る事ではありません。

 

ですので、”簡単にアフィリエイトで稼げる” はイコール詐欺と解釈してよいのです。

 

昔はそういう時代もありました。今は先ほど申した独自ルートでも確保していない限り、無理です。
いや、無理とは言いません。とても現実的ではないのです。

 

騙されないでください。

 

管理者の提案するサイトのオーナーになって収益構造を作る、とはぶっちゃけこのサイト、
 『シナリオ教室の劣等生』 のイメージです。
特別なマジックなんかありません。

 

ましてや、”簡単に” なんてウソはつきません。
このサイト、パッと見てどう思いますか?

 

とにかく作るのに苦労しました。それだけは言わせてください。

 

ひとつはテーマがちゃんと存在するサイトです
ひとつは上質な情報です。
ひとつは情報量がめちゃ豊富です。
ひとつはリアルビジネス前提です。
ひとつは情報を見るだけならタダです。

 

そして賞味期限はシナリオに興味がある人がいる限り、無制限です。そう、管理者が死んでもなお、です。

 

アフィリエイトをバカにするつもりはありませんが、現実的でない根拠として、アフィリで簡単に稼ぐ方法とは、このサイトの品質、情報量を毎週繰り返す、しかありません。

 

出来ますか?管理者だったら出来ません。やってられません。

 

これがアフィリの簡単に稼げる正体なのです。

 

 

 

サイトのオーナーになって資産を持つ

 

皆さんはインターネットのホームページの情報ってどれくらい信じていますか?

 

管理者もこの仕事を研究するまでインターネットの情報の信憑性に疑問アリアリでした。

 

「ゴミ情報が多い」
と思っていました。

 

本物でない、ニセモノの情報や情報といえない浅いネタしか検索しても引っかかりません。

 

故にネットでアテにしていいのはお店の営業時間とか、言葉の意味とか、決まり切った事ばかりになります。

 

そこに勝機があるのです。

 

考え方の違いかもですが、本物の情報が少ないなら、本物の情報が珍重されるであろう、これが発足動機なのです。

 

但し、詐欺まがいのアフィリ勧誘とは訳が違います。

 

とてもとても簡単にはいきません。時間も労力もハンパなく使います。ナマの管理者の率直な感想です。

 

出来る人は短時間で200ページくらいの記事が書けるでしょう。それこそ1カ月くらいで書いている人を知っています。
管理者は違います。

 

それこそ、仕事辞めて専業にしても7カ月くらい掛りました。ちょっと掛りすぎですがこればかりはしょうがありません。
管理者的に、急いでがんばったっていい結果が出ませんので時間を使いました。

 

そして作ったサイトでも、そこからがスタートラインなのです。

 

なぜ、そこまで苦労してサイトの構築にこだわったのか、

 

それは、資産になるからです。

 

一度構築すればその後は自動的に、しかも24時間年中無休で商売ができるのです。

 

その仕組みがこのサイトのオーナーになる事なのです。

 

しかも、これが重要なのですが 「お金がかからない」 のです。

 

 

 

 

シナリオ技術を使ってビジネスサイトを作る

 

管理者はECサイトを作った事はないのですが、たぶんこんなイメージでしょう。

 

商品を仕入れて、ネットに紹介して、閲覧者に気に入ってもらい、購入して、発送して・・・
その繰り返し。

 

この方法は堅実(?)な半面、リスクも伴います。小資本でしか商売出来ない人にとって仕入れはリスク以外の何者でもありません。

 

リスクのない商品で、なおかつ売れるまでの筋書きが必要になってきます。

 

つまり、集客とマネタイズです。

 

売るものと買ってくれるお客さんを集める方法が分かればいいのです。

 

ですが現実的にそれが一番難しい。

 

リスクのない商品とは、もうハッキリ言います。大企業でもなく資本もロクに無い我々的にはこれしかありません!

 

それは「情報」です。

 

これだけ、です。間違いありません。それ以外は選択肢にすら入りません。お金が無いんだから出来ません。

 

その情報も、あまたあるネットのゴミ情報ではありません。ちゃんとした価値ある情報です。
価値のある、とはユーザーさんにとって意味のある、役に立つ、欲しがっている有益な情報です。

 

どこからその情報を引き出すのでしょう。

 

その答えは 「あなた自身の中」 からなのです。

 

無論、記憶や経験だけでは限界も近いでしょう。ですから本を読んだり、人に聞いたり、調べたりして補完します。

 

対象を絞って、有益な情報をサイトに載せて信頼を勝ち取り商売に繋げるのです。
それは簡単ではありません。簡単に行きませんが、カンタンに言うとこういうことなのです。

 

それには筋がきや設計が必要になるのです。それをシナリオ論で構想するのです。

 

それこそ、ビジネスのシナリオを描くのです。

 

 

 

ビジネスシナリオを描く前に準備が必要

 

たくさんの要素を一度に申したので、少し整理しましょう。

 

たぶん、読まれていて疑問に思うであろうところから説明します。

 

自分の中に人に教えるような有益な情報がない!
ハッキリ言います。それはあなた自身が気付いていないだけで存在します。

人は誰でも何かしらのプロフェッショナルなのです。
特に社会経験が長い人ほど豊富に持っているはずなのです。
価値のある資産=経験、それを認識していないだけなのです。
そのような人はまず自分のリソース(資産)の確認からしなければ、見つけてあげなければなりません。
とりあえずでもいいので、”自分には何も無い“と思うのは止めてください。

 

有益な情報ってどんなの?
ご自身と同じような立場の人に対して、知らせたら喜ぶであろう事柄です。

同じ立場とは人のあらゆる面をいいます。同じ仕事、同じ職業、同じ性別、同じ病気、同じ悩み等々・・・
そのような人に教えられることがない、なんて言う人はいないのです。
もうひとつヒントを申します。自分が過去にタイムスリップして3年前の自分と会えたなら、何を教えてあげられるでしょう。
教えてあげられる事柄が有益な情報となるのです。

 

お金がかからないって本当?
厳密には掛ります。

レンタルサーバー代とか、ドメイン代、こだわって独自SSL代、パソコンが無ければパソコン代、サイト作成ソフト代、資料が欲しければ本、書籍代、取材が必要なら取材費・・・
でもまあこんなものです。
比べるものとはリアル店舗です。起業するのに莫大なお金が掛るのは言うまでもありません。
しかもランニングコストも開業して利益の出ない時期からガッツリ掛ります。
上記の総計なんかランニングコスト入れても初期費用10数万、ランニングコスト年間数千円で賄えます。
ケタが違いすぎます。

 

筋書きってどうやって決めるの?
シナリオ論に当てはめて現実的にお話しを仮定します。

シナリオスキルを応用してビジネスサイトを作ることは管理者独自の視点です。
サイトのオーナーになって収益構造を作っている先駆者もたくさんいますがシナリオの観点から導き出すことはしていない、と思われます。
ですが、当然ビジネスにシナリオが無ければ行動計画も作れませんので実際はシナリオをビジネススキルとして書いて行動していると思います。
管理者の場合はフィクションのシナリオ技術でフィクションでない部分に力点をおいてより現実的にプランニングするというものです。

 

 

 

このようにネットのサイトを使って集客し、集まった人たちに商売することが容易に出来る時代になっています。

 

それに留まらず、一度サイト級の情報を作るといろんな多方面で応用が利いて2次利用、3次利用と派生する可能性を秘めています。

 

サイトのオーナーの中には完全自動化した仕組みを作り上げて、自分は何もしないのに銀行口座にお金が振り込まれる、なんて生活をしている人もいます。

 

これは、信じないかもですが真実なのです。

 

サイトのオーナーになってハブになれればなんでも出来てしまうのです。

 

 NEXT Entry 『シナリオとビジネスの融合』

 

無料コラム配信中! シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜


シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術やアニメコンテンツから紐解く物語構築のヒントなどを情報発信しています。

ご登録は無料です。今なら登録特典として電子書籍がタダで付いてきます。


 

配信登録して頂いた方へ


電子書籍

シナリオ執筆完全作業マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓







特典電子書籍について(商品説明)

 シナリオ執筆完全作業マニュアル〜シナリオを書き始める前に必ずやること〜 のもくじを紹介します。

第一章 シナリオ構築の全体像
  • 参考に過ぎません
  • 必要な作業とは
  • 小から大へ向かう
  • この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
  1. テーマの設定
  2. ログラインの決定
  3. お話しの骨格を設定する
  4. キャラクターを作ってみよう
  5. プロット出しでアイディアを量産する
  6. 箱書きで構成を検討する
  7. 下書きシナリオ執筆
  8. 推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
  • 現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
  • 応募要項は鉄板ルール
  • スケジュールに気をつけよう
  • 添付するあらすじについて


※PC画面で23ページ、16075文字



管理者著書



『シナリオ技術とビジネスセミナーの融合〜売れるバックエンドのストーリー』


Amazon kindleはこちら


クリックしてください!↑
電子書籍の販売書店各社
Romancer Store
Apple iBook Store
紀伊国屋書店
楽天kobo
凸版印刷Book Live!
SONY Reader Store
au ブックパス
大日本印刷MJBJ honto
Book Walker

←各社リンク先で買う