クリエイティビティに近づく|シナリオ教室の劣等生

発想法、作家のクリエイティビティに近づく


無料コラム配信中! シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜


シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術やアニメコンテンツから紐解く物語構築のヒントなどを情報発信しています。

ご登録は無料です。今なら登録特典として電子書籍がタダで付いてきます。


 

配信登録して頂いた方へ


電子書籍

シナリオ執筆完全作業マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓







特典電子書籍について(商品説明)

 シナリオ執筆完全作業マニュアル〜シナリオを書き始める前に必ずやること〜 のもくじを紹介します。

第一章 シナリオ構築の全体像
  • 参考に過ぎません
  • 必要な作業とは
  • 小から大へ向かう
  • この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
  1. テーマの設定
  2. ログラインの決定
  3. お話しの骨格を設定する
  4. キャラクターを作ってみよう
  5. プロット出しでアイディアを量産する
  6. 箱書きで構成を検討する
  7. 下書きシナリオ執筆
  8. 推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
  • 現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
  • 応募要項は鉄板ルール
  • スケジュールに気をつけよう
  • 添付するあらすじについて


※PC画面で23ページ、16075文字



管理者著書



『シナリオ技術とビジネスセミナーの融合〜売れるバックエンドのストーリー』


Amazon kindleはこちら


クリックしてください!↑
電子書籍の販売書店各社
Romancer Store
Apple iBook Store
紀伊国屋書店
楽天kobo
凸版印刷Book Live!
SONY Reader Store
au ブックパス
大日本印刷MJBJ honto
Book Walker

←各社リンク先で買う






記事についてのご質問、お問い合わせはこちら↓



クリエイティビティに近づく記事一覧

何も無いところから発想しなければならないシナリオですがさすがにノーアイディアのままでは何も進行しません。そこで本当に何も無いのか、を確認してみます。自分のリソースを見つめる事で何が発信できるのか、どんな話が得意なのかを見つける方法を考察します。
我々は発想を求められていません、誰からもどこからも求められていないのです。ですから慣れるという環境を自分で作るしかありません。作家業なのでクリエイティビティが求められます。そこで単純に才能のせいにしてはいけません。必ず熟達する方法が存在します。才能を語る前にやれる努力の余地があるのです。
行動を変えるにはまず思考を変えなければなりません。そうしなければ結果も変わらないからなのです。これはシナリオ論ではなくビジネス論なのですが脚本術、シナリオ論にも応用できるのです。上手い人のマネをします。但し、行動を真似るとパクリになってしまいます。何を真似るか、それが思考の部分になるのです。
理由が必要です。シナリオ全般に留まらず、作者の我々にも、です。理由がなけれな人は、キャラクターは動けません。物語の原動力ともなる理由を考えてみます。我々作者がお話しに与えるべき理由は後付けでは作れません。必ず理由があって行動があります。観客はその理由に興味を持ちます。関心を寄せる寄せどころなのです。ですから理由を疎かに出来ないのです。葛藤や矛盾も理由があって設定できるのです。
間接表現はシナリオの存在と同義なのです。シナリオで表現されるものはこの間接表現で適えられています。主にト書きの内容がそのように表すのですが、ト書きの条件である棒のように、無機質に書く文言とは裏腹に、その無機質な指示で演じられたものは意味の深い、観客に語りかけるお話しなのです。間接表現はシナリオの醍醐味です。考えてみましょう。
机にかじりついていてもいいアイディアは浮かびません。浮かべばいいのですが、普通は煮詰まってしまいます。ですから机、デスクから離れてみます。歩いてみましょう。目線を上げるだけでもイマジネーションが活性化されるのです。オススメはお出かけです。外に出かけましょう、シナハンです。
同じ属性の音楽からヒントを貰いシナリオに反映させます。実は音楽の構造をシナリオの構成や展開に応用することがとてもやり易いのです。しかもその種類と数で言えば世に出回っているシナリオの比ではありません。そしてその音楽もシナリオから発生しています。感性で聴いた音楽を感性で書いたシナリオで出力することはある意味理に適っているのです。
シナリオで想像の世界を広げるには我々リアルの日常を見渡してみましょう。森羅万象の中からシーンを切り取って参考に出来るのです。ただし日頃から感じる訓練が必要になります。普通の風景でも意識しないと何も感じません。それでは意味がありません。そして最大のヒントは ”雨” にあるのです。
日々何かと感じ易いネガティブな感情である「文句」や「批判」は、そのままなら価値はありません。感じるだけ損な気もします。しかし視点を変えると”飯”のタネに変貌するのです。