演出家 上村聡史氏、俳優 加納朋之氏 講座

 

平成25年(2013)10月25日 管理者の通ったシナリオスクールで開催されたゲストセミナーでのお話です。お2人同席で講義されました。
平成25年10月18日から信濃町文学座アトリエで開催された演劇、作:松井周 演出:上村聡史の『未来を忘れる』の宣伝も兼ねて来校。

 

 

演出家 上村聡史(かみむらさとし)氏の講義

 

演出は作者と同一の場合が多い。

 

近代演劇は物語中心。対して現代演劇は役者中心になっている。

 

※シェイクスピアは人の普遍性を表現している=勉強になる。

 

原作を演出するとき、「この作家は何を書こうとしているのか」を探る作業。ひたすら原作を読み込む。
見るべき点は 「書いた言葉の裏になにがあるのか」

 

※”パッション”をドラマにしていく

 

イメージキャストの重要性

 

キャラクターの活かし方=人物造形(キャラクター)と物語(ドラマ、ディテール)の面白さの追求

 

※何かに向かっているエネルギーを感じさせる作品作り

 

シナリオについて
 「起」をいかに食いつかせるか、説明っぽくならない描写ができるか。
合わないモノをあえてくっつけて面白くならないか。
普段の生活にヒントはないか。
自分の中だけにしない。
作品は「這い上がるもの」

 

 

俳優 加納朋之(かのうともゆき)氏 講義

 

キャラクター別に個性を持たせる。語尾などに特徴を持たせる。

 

※言いたいセリフを ドストレートに言わせても面白くならない。言いたい事をいつの間にか伝わるような変化をさせないと面白くはならない。

 

「想像力」と「イメージ力」 降りてくる瞬間がある。

 

役が通らなければ、文句が出る。どんな些細な役でもドラマが欲しい。根拠ある描写が必要。
 「なんでこうなるのか」 の意味を表してほしい。

 

シナリオについて
役者の役のやりどころとは、俳優が作るものである。
役が通るとは、意味の通らないモノは演じられない。
語尾の特徴について、意味のある言い方が変化する瞬間である。
自分の中にあるモノを寄せてくる感覚。あると信じる。

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

トップへ戻る