シナリオ教室の劣等生|脚本を書いてみよう

脚本を書いてみよう

脚本を書いてみよう

 

シナリオ学習メルマガバージョンアップ!

 

シナリオが学べる無料メルマガ

 

『シナリオスキル通信』が

 

強力にバージョンアップしました。

 

 

何が“強力”なのかというと・・・

 

今までの「シナリオスキル〜シナリオ脚本の書き方動画レクチャー〜」に加えて、

 

当サイトで販売している非公開の有料コンテンツ「シーニャプロトンテールアカデミア」を・・・

 

 

無料、¥0で公開しちゃいます

 

 

有料動画レクチャー集

 

「シーニャプロトンテールアカデミア」

 

販売価格¥198,000→¥0で追加配信!

 

 

 

初めてメルマガを読む方はコチラ

 

YouTubeなどですでに「書き方動画レクチャー」をご覧頂いた方はコチラ

 

配信コンテンツ
シナリオ、脚本の書き方動画レクチャー(全20レクチャー一般公開済み)
シーニャプロトンテールアカデミア(全36レクチャー非公開)
【登録特典電子書籍】『シナリオ執筆完全作業マニュアル』プレゼント
シナリオスキル『アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル』同時配信

 

 

 

 

初めてメルマガを読む方はコチラ

 

YouTubeなどですでに「書き方動画レクチャー」をご覧頂いた方はコチラ

 

ご登録者さまに電子書籍プレゼント!

 

ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


 

第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは

第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書

第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは

第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

初めてメルマガを読む方はコチラ

 

YouTubeなどですでに「書き方動画レクチャー」をご覧頂いた方はコチラ

 

 

脚本を書いてみよう記事一覧

シナリオはいきなり書かない。学校の作文とは違うのだ。ちゃんと設計を構想しないと途中で見失う。ちゃんと設計しないといけないのだが、最初はちゃんと作り込んでもいけない。シナリオのガイドラインを守りつつもフレキシブルに発想していきながら書いていくのだ。シナリオは書き方書式は決まっていても 書く方法は千差万別で人によって違う。だから、これだ、という方法は自分で探すしかないし、誰も教えられない。制約も無い。...

前ページ 「シナリオ、脚本を書く前に」 の続きを書きます。お話しの「骨」を考えるUもう少し説明します。原稿用紙1行以内、つまり一言でこれから書くシナリオの説明文を書きだします。もしイメージが湧かなければ実際のドラマやアニメでもいいです。古い名画でなくてもいいので、今日見た映像を一言で説明してみてください。管理者が今日見た映像はといいますと・・・なにがあったかな?そう、アニメですがAT−Xでクオリデ...

テーマ、骨、タイトルと決めてようやく本文に取り掛かれるのだがそれでもまだ原稿用紙に○は打てない。ボヤ〜っとした全体のイメージを整理してアンチテーゼからテーゼ、ジンテーゼに向かう方針を立てるべきである。お話しの核となる部分には心砕くことになるが、ここで詰めが甘いと納得いくシナリオは完成しない。でも、シナリオの醍醐味はここにあるのだ。本文を構成する要素とは前準備で揃えた材料をさらに膨らまして本文にして...

シナリオの構想は難しい。それでも難しい難題を解決出来れば、それはかなり面白いと感じる。満足を得られる。例えつたないシナリオでも作ってしまえばそこからまた発展できるし、精度も上がる。だから、諦めないでほしい。どんなエピソードでも面白くすることは可能なのだ。広がり続ける発想と指針ファーストシーンは思い付いたでしょうか。別に劇的でなくてもいいっちゃいいのですが、激しい何かがあったほうが今後の発想に貢献し...

お話しの構成は誰もが悩むところであろう。確かに表現方法において物語の構成は善し悪しを左右する。シナリオスクールの上級生でも構成が1番難しいと言う。だが、本質に沿っていれば構成は必然的に導く事が出来る。その本質とはなにか。構成の要素とはシナリオを書く時になんだかやたら悩まれると噂される構成について考えてみたいと思います。その前に構成って、何を構成するのか確認しておきましょう。映像はシーンの集まりであ...

ようやく本文を書けるところまで辿りついた。まどろっこしい準備は本当にメンドクサイものであるが下準備は何事においても必要である。解説はしなかったがアイディアを出す為に取材だって行うべきなのだ。デスクにかじりついていてもいいアイディアは出てこないのである。ある程度ではあるが”とりあえず”で思い付いたものを決定していかねばならない。書いてみると分かるがシナリオに無駄な記述の入る余地はない。ペラ1枚なんて...

すべからく ”とりあえず” でいいから書いてみて完成させよう。書式にのっとって自分のイメージを信じて書いてみて、書き終える事がなにより大事なのである。これが出来ないと脚本を書くという表現法は 自分に向いていないことになる。これまでの解説で書き始めて書き終える事は決して努力範囲を超えていない。枚数が少なくても良い、徐々に増やせばいいことである。内容がつまんない、どうすれば面白くなるか考えるいい機会に...

トップへ戻る