シナリオ教室の劣等生|シナリオの本質とは

シナリオの本質とは

シナリオの本質とは

無料コラム配信中!

 

シナリオスキル〜コンクールに応募できる作品を書くために〜

 

 

シナリオ教室の劣等生では無料のメルマガにてコンクールに応募できるシナリオの執筆術や

「アニメコンテンツから読み解くシナリオスキル」を定期発信しています。

 

アニメシナリオにご興味ある方は是非ご登録を!!

 

 

ご登録は無料です。ご登録特典として電子書籍を差し上げています。

 

配信登録して頂いた方へ

電子書籍

シナリオ執筆完全作業

マニュアル



無料でプレゼント!


登録はコチラ↓

 

 

 

 

 

 

特典「シナリオ執筆完全作業マニュアル」


第一章 シナリオ構築の全体像
参考に過ぎません
必要な作業とは
小から大へ向かう
この作業に取り組める人とは


第二章 実作業に取り組みましょう
テーマの設定
ログラインの決定
お話しの骨格を設定する
キャラクターを作ってみよう
プロット出しでアイディアを量産する
箱書きで構成を検討する
下書きシナリオ執筆
推敲と清書


第三章 お話しの作りはお手本からマネをする
現実的な“マネ”とは


第四章 コンクールに応募する場合
応募要項は鉄板ルール
スケジュールに気をつけよう
添付するあらすじについて

 


※16075文字

 

シナリオの本質とは記事一覧

『シナリオ教室の劣等生』 をご覧くださいましてありがとうございます。最初にご注意を申し上げます。有名なプロの脚本家さんや実績のあるシナリオライターに教わりたいと思われている方にとって、本サイトは雑音に過ぎません。「実」より「名」に価値を感じられているのならばご覧にならないことをオススメいたします。本サイトは管理者(ジンノヨシユキ)と同様、興味があってシナリオを書いてみたいと思っている方、シナリオを...

※管理者が通ったシナリオの学校の実名は出しません。でもその道に詳しい方、管理者と同じ学校に通った事のある方、在籍中の方は検討が付くでしょう。このサイトでは ”シナリオスクール” として呼び方を統一していますが、管理者が通った学校は1校だけです。御拝読頂く際には、1ユーザーの、1つの個人的見解と捉えて頂きますようお願い申し上げます。何事においても評価基準はある1面から判断出来ません。その点、ご留意く...

ここでいう目的とは、物語やキャラクターの目指すもののことではない。我々脚本勉強家の動機、である。なぜ我々は脚本、シナリオを書くのか。そこに確固たる理由は、存在しないのである。戦うべき理由は存在していない我々脚本勉強家はなんでシナリオを書くのか、また書かねばならないのか。この問いに答えられる人はあんまりいないのではないでしょうか。むしろ、この答えを持っている人は成功する確率が高くなります。ご覧になら...

脚本を書く目的ってなんでしょうか。そもそもなんで脚本、シナリオというものが取り沙汰されているかが分かっているようで分かっていないと感じています。管理者自身もなぜ脚本なのでしょう、映像には他にも魅力的なパートがたくさんあるじゃないですか。脚本は制作過程の1パートに過ぎませんし、管理者はプロでも何でもありません。アニメなら脚本でなくても絵かき、背景美術、仕上げ、色彩設計絵が苦手なら演出、編集、音響、文...

小説、漫画のような文字や絵を見せる媒体、アニメ、実写、映画の様な映像媒体、ゲームのように選択肢が選べる媒体等、一口に媒体=メディアといっても全く仕組みが違う。特にアニメでは相変わらず原作モノが台頭している昨今、”アニメ化” はメディアミックス路線と相まってタイトルの既定路線となりつつある。でも媒体の移行は ”アニメ化” だけでは語れない。それぞれ時間の使われ方に大きな違いがあるのだ。それを考慮しな...

脚本家は基本”負け組”前提の仕事である。スキルとしては大変優秀な ”勝ち組” であるが、経済的には完全な ”負け組” に分類される。もし成功したとしても かなり後払いな職業環境であるのだが、一方では恵まれてもいる側面もある。モノ書きはビンボーである吾輩は脚本家である。金はまだない・・・成功者でもある先人の脚本家の大先生でも ”脚本家なんて目指さないほうがいいんじゃない?” と申しております。脚本家...

シナリオスクールでは 教本、参考書の類はあまり無かったと思います。講義でも「教本の何ページから・・・」なんてあんまり記憶に残っていません。一応事務所に行けば、参考書は売ってはいるのですが、積極的には販売していません。管理者が学校関係者でしたら もっと積極的にクロスセルするのですが・・・それはともかく やはりシナリオスクールから発信されるものでは  「足らない」 と感じました。シナリオの参考になる参...

このサイトの存在意義も含めてたびたびリサーチをしている情報発信においてニーズは無視できないからだ。シナリオを理解したいと思っている人はどんな事を感じて、何を求めて参考書、指南本をお金を払って読んでいるのだろう。シナリオに限らず情報発信する場合は“レビュー”が役に立つ。読者レビューを見ていて思う事本当はリサーチ目的でアマゾンの読者レビューを眺めていました。このサイトが皆さんのニーズにマッチしていない...

シナリオスクールに通うと大きな目的としてシナリオコンクール、コンテストの入賞を目指す、というものがあります。でもちょっと待って下さい。プロの脚本家への登竜門?日本の映像業界において、脚本家という職業に就く為の具体的なスキーム、とはどんなものでしょう、選択肢があるのでしょうか。ハッキリ言ってあまりありません。それでもスポンサーや映像会社がコンテンツの企画を立ち上げて、脚本家という人が映像の設計図を書...

脚本家、シナリオライター志望でシナリオスクールに通って勉強するのは有意義である。しかし、シナリオスクールは業としての生き方までは提案しない。無論、仕事を紹介してくれる訳でも何でもない。シナリオの方はスクールでもなんでも利用してスキルアップを求めればいいのだが、それだけでは食っていけなくなる可能性が高い。シナリオと食べていく事は全く別これからシナリオライターや脚本家を目指す人たちに言いたいのです。そ...

トップへ戻る